禅寺丸柿(王禅寺丸柿)

タケの住む地域は江戸期より畑地で柿が特産品で
相当量を出荷していたようです。

大正、昭和と住宅地化が進み、柿の木も消える運命に、
旧家の区の保護樹の柿の木は移植の運命に、、、
保護樹は哀れにも立ち枯れてしまいました。

この後は説明版のような経過があり、立派な実を
付ける樹に成長しています。


ブログ「いい色」時代よりご指導を受けています、kurakameさんが
お住まいの地よりの授かりものです


a0223597_15322365.jpg
a0223597_1533274.jpg
a0223597_15333120.jpg

[PR]
# by takeomon | 2011-10-18 15:40 | Comments(0)

2011年ダイヤモンド富士 (14) 羽田空港

今秋の初のダイヤモンド富士です
13回まではブログ「いい色」時代に(2月27日)投稿していますので
カウントはその続きといたします。

羽田空港で低気圧通過後で西からの強風が正面から吹きつける中で
三脚が倒れないよう悪戦苦闘の撮影でした、
左の稜線の途中のコブは宝永山、右の途中のピークが塔の岳です。

a0223597_1826923.jpg


a0223597_18264727.jpg


a0223597_1828725.jpg




稜線に沿って僅かにカゲ富士が見えます


a0223597_18285852.jpg


a0223597_18301932.jpg

[PR]
# by takeomon | 2011-10-17 18:31 | Comments(0)

全国みこしコンクール

江東区に木場公園があります。元は名の通り木材の貯木場
でしたが、防災避難場所に作り変えられて、普段は公園として
都民の憩いの場に利用されています。
この公園で、全国からみこしが集まり、コンクールが行われました。
審査はさておき、皆みこしの大きかったこと、大変な迫力が
有りました。


a0223597_20301092.jpg
a0223597_20305063.jpg
a0223597_20312181.jpg
a0223597_2031589.jpg
a0223597_20331422.jpg

[PR]
# by takeomon | 2011-10-16 20:34 | Comments(0)

高田馬場流鏑馬 (2)

八代将軍徳川吉宗が享保13年(1728)世継ぎの
病気回復を祈願して近くの「穴八幡宮」に奉納したのが
始まりとのことです。

武士の間で始まって、一つのゲームのようにひろがり、
大まかな規則が出来ているそうです。

馬場は120間(218m)が標準の長さで、三箇所の
的に矢を当てる競技で
助走 20間=第壱の的 40間=第二の的 40間=
   第三の的 20間=終わり、の長さでした

的は1尺8寸の平角の杉板です。
今回は、10人ほどの射手が競いました。


a0223597_2123617.jpg
a0223597_213944.jpg
a0223597_214284.jpg
a0223597_2143582.jpg

[PR]
# by takeomon | 2011-10-14 21:05 | Comments(0)

高田馬場流鏑馬 (1)

流鏑馬を見に行きました。
平安末から鎌倉時代にかけて武士の間で盛んに行われ
何回かの中止、復活を繰り返したが、
昭和54年からは、毎年「体育の日」に「戸山公園」で
行われるようになりました。
「新宿区の文化財の一つで保存会があり、小笠原流との事でした。


a0223597_17304449.jpg
a0223597_17312629.jpg


前後しましたが、こちらが的打ち前に行われて居ます儀式です
a0223597_17353956.jpg
a0223597_17372043.jpg
a0223597_17375489.jpg

[PR]
# by takeomon | 2011-10-13 17:39 | Comments(0)