<   2017年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

天候不順で

12月に入ってから、天気に恵まれずにいます
タケのライフワークのダイヤモンド富士の撮影が
出来ずにいます
相手が天候では、どうする事も出来ません
この一枚は、2014年9月、取り置きの中の一枚です
a0223597_20283675.jpg

[PR]
by takeomon | 2017-12-30 20:29 | Comments(6)

ダイヤモンド富士を追って

この頃の富士は日中は見えていても夕方には
雲で見えなくなることが、多くあります
取り置きの中からです
2014.12.26
立川市富士見町、多摩川の堤防上からです
a0223597_22132656.jpg
a0223597_22133397.jpg

[PR]
by takeomon | 2017-12-29 22:14 | Comments(9)

ダイヤモンド富士を追って

荒川の和光市を空きらめて、多摩川の立川市と昭島市の
境に行くが、西からの雲が厚くなってきて、
太陽は、ポーとして降り、ダイヤにはなりませんでした
残念です、四連敗とはみじめですねえ
a0223597_21054362.jpg
a0223597_21055037.jpg
a0223597_21055760.jpg

[PR]
by takeomon | 2017-12-25 21:07 | Comments(8)

書き入れ時のダイヤ富士のはずが

ダイヤ富士を追って、荒川和光市まで、3回も通うも
全敗で、帰り道は疲れます
冬型の天候なのに、西の空には雲があり、
富士を隠してしまいます
以前にはこんなことは無かったですが、
不思議な空模様です
a0223597_10060520.jpg
a0223597_10061434.jpg

[PR]
by takeomon | 2017-12-24 10:14 | Comments(8)

かがみ池

いつもの目白庭園です
池は,静かで映り具合が良く、
苦も無く楽に写せました
もっと良い表現があることでしょうが
タケはこんな所で満足です
a0223597_21580977.jpg
a0223597_21581819.jpg
a0223597_21583085.jpg
a0223597_21584270.jpg

[PR]
by takeomon | 2017-12-23 06:30 | Comments(7)

今日は冬至

一年で最も昼が短く、夜が長い日で
この日を境に気運が上昇して物事が良い方向に
向かうと考えれて、体を洗い清めたとの事で
銭湯では「ゆず」を浮かべる事が流行ったとか

近くの目白庭園では、小鳥の餌がなくなりますので
餌を(ミカン)用意してます
メジロではなく、モズが助かっています
a0223597_11593519.jpg
a0223597_11594266.jpg

[PR]
by takeomon | 2017-12-22 13:15 | Comments(2)

赤塚公園ほか

ダイヤモンド富士を狙っていますが、
天候が思わしくなくゲット出来ません
今回も板橋区と和光市の境に行くも不調で
ごらんの通りです(12月17日)

a0223597_14080078.jpg
目的地の直前にて公園のほとりでは釣り客がズラリと
a0223597_14082394.jpg
a0223597_14083315.jpg

近くには、過ってのこの地の光景が再現されていました
a0223597_14084459.jpg


[PR]
by takeomon | 2017-12-21 14:13 | Comments(6)

近所の公園

我が家から徒歩30歩ほどにあります
区立公園です
ここに在った家は、二代医者の家でした。
二代で廃院し、100坪余の敷地を区に寄付して
庭園整備費、維持管理費まで、付けてとの事です
二代ともに仁徳のあるお方でした
a0223597_20232940.jpg
a0223597_20231894.jpg
a0223597_20230940.jpg

[PR]
by takeomon | 2017-12-20 20:25 | Comments(4)

林芙美子記念館(続)

南に開けた日当たりの良い斜面に、純和風の平屋建てです
当時の資料は別の施設に保管されています
作品は、それなりの評価を受けていますが、
作家仲間の中では、勝気の性格だったようです
a0223597_15441478.jpg
a0223597_15442808.jpg
a0223597_15443723.jpg

[PR]
by takeomon | 2017-12-18 15:45 | Comments(6)

林芙美子記念館

近くのあります、この記念館
「放浪記」「浮雲」などで知られる林芙美子が
S16年~S26年、生涯を閉じるまで
住んでいた家です
新築には、勉強して、設計や大工と京都の
民家を見学に行ったりしたようです
紅葉時には、綺麗に色つきます
a0223597_11233174.jpg
a0223597_11231582.jpg
a0223597_11225843.jpg

[PR]
by takeomon | 2017-12-17 11:26 | Comments(6)