<   2016年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

高尾の草花 (5)

ミヤマナミキ
ナミキは波来の意味のようで
タツナミソウの仲間のようです
背丈は低く、花は1㎝に満たない位です
a0223597_14075430.jpg
アカショウマ
林間に普通に見られます
細い長い幹と花茎の先に花序を付けて
白い小花を無数に付けます
a0223597_14080230.jpg
うす暗い林の中にぽつんと二つ
マツタケなら値打ちもので、、、
a0223597_14080973.jpg
高尾山薬王院の本殿です
周りには、彫刻が施されていて
ミニ東照宮の様でした
a0223597_14081860.jpg

[PR]
by takeomon | 2016-06-29 14:27 | Comments(4)

高尾の草花 (4)

うっそうとした杉林の中を進んで行くと同好の紳士(?)が
ここを見てごらん、、、と「ここにクモキリソウ(ラン科)があるよ」と
教えて下さり、親切に感謝です。花は1㎝くらいです
図鑑では見ていますが、現物はお初で感激しました
a0223597_16121858.jpg
そしてもう一か所、「ツチアケビ」(ラン科)の場所を教えて下さり
帰り道で、寄って見ました
多年生の無葉ランです、根の中につくナラタケ菌と共生するとの事です
一本だけですが、これもお初に拝見しました
a0223597_16123494.jpg
夏になるとウインナーソーセージのような実を付けます
こちらはネットより拝借しました。こちらは数本あるようです
実るのは盛夏のようです

a0223597_16124495.jpg

[PR]
by takeomon | 2016-06-28 16:15 | Comments(4)

高尾の草花 (3)

普段は山頂は巻道を通りパスしますが、
たまには行って見ました。
山頂の標識まえは、記念撮影でひっきりなしで
無人にはなりません
a0223597_16470181.jpg
富士は、今の時期は雲が出たり、湿気が多く見えない事が多いですが
この日は、珍しく見えています
ダイヤモンド富士の冬至時には、山頂は満員電車並みにギッシリの人々で
埋ります
a0223597_16471039.jpg
ヤマボウシ
薄いピンク色をしていました
a0223597_16472371.jpg
ハエドクソウ
小さな花を連続して付けますが、
ピンが甘くなってしまいました
a0223597_16474680.jpg
ウマノミツバ
食用にならず、馬に食べさせる程度の草との事で
(かわいそう)
a0223597_16480051.jpg

[PR]
by takeomon | 2016-06-27 16:50 | Comments(4)

高尾の草花 (2)

先月に歩いた時にみた草花は種類が変わっていて
季節の移り変わりを感じます
 
タカトウダイ
投稿時はナツトウダイと記しましたが、
間違いのようで訂正します
a0223597_09435563.jpg

ミヤマタニワタシ(深山谷渡)
ナンテンハギに似ています自生地は少ないようです
a0223597_09440773.jpg
花イカダ
葉の上に花が付き、筏のように見える
実は黒くなります
a0223597_09441644.jpg



[PR]
by takeomon | 2016-06-25 10:20 | Comments(4)

高尾の草花 (1)

5月に歩いたコースを変えたり、逆コースを取ったりしました
前回とは違った花が見らたりと、
1か月の違いですが、ハッキリと感じられました

ウツボクサ
花穂が弓矢を入れる靫(うつぼ)に似ている所からの
命名のようです(花は上部まで咲きます)
a0223597_11324182.jpg
ご存知のホタルブクロです
花を多く付けています
a0223597_11330928.jpg
タイサンボク
花、葉、樹形などが大きく立派です
花びらが落ちてもまだ魅せます
a0223597_11332842.jpg
小仏峠の狸たち
甲州街道の峠(甲斐と武蔵の堺)だった所です
何故ここにタヌキがあるのか不思議です
旅の安全を願っていたのかな?
a0223597_11333548.jpg

[PR]
by takeomon | 2016-06-24 11:35 | Comments(4)

カルガモのその後

5月13日に投稿しました「カルガモ」一家、
一匹も欠けずに大人なみに成長してきました
園の外に出たり、羽ばたく事もあり、旅立ちの準備を
はじめたと見えると、ある日突然飛び立ってしまうようです
 (あいさつなしに)(笑)

a0223597_11253060.jpg
親鴨が全員を見張っているようです
a0223597_11255286.jpg
a0223597_11254586.jpg
a0223597_11261517.jpg



[PR]
by takeomon | 2016-06-23 08:30 | Comments(6)

神代植物公園 (5)

園内には地味で目立たないけど「ハエトリ草」や「モウセンゴケ」があります
温室内に虫が飛んで来るのか?心配です
「注意」としていたずらをされると、葉が疲れてしまうそうです
a0223597_16495505.jpg
a0223597_16494642.jpg
公園の中央にある噴水池です
a0223597_16501278.jpg

[PR]
by takeomon | 2016-06-22 08:10 | Comments(0)

神代植物公園 (4)

何処の植物公園でも温室にシャボテンと、スイレンが咲いていますね
ここでも定番の二種が見られます
シャボテンは外国産のようです
a0223597_16421266.jpg
a0223597_16421904.jpg
スイレンはガラス窓の桟が入ってしまいます
a0223597_16422654.jpg
a0223597_16423248.jpg

[PR]
by takeomon | 2016-06-21 08:15 | Comments(6)

神代植物公園 (3)

温室には、いつも花が咲いていますので
どうしても、そこを頼りにしています

胡蝶蘭はやはり一番の人気があります
a0223597_20225892.jpg
a0223597_20230614.jpg
それにウチョウランもです
a0223597_20231634.jpg
a0223597_20232320.jpg
葉の間からそっと顔をのぞかせているのは、だれだ!!
a0223597_20233386.jpg

[PR]
by takeomon | 2016-06-20 08:20 | Comments(4)

神代植物公園 (2)

この植物園の特徴は、「ベゴニア」が多くある事のようです
ベゴニアの特徴は、説明版によりますと
(1)葉の出方が左右非対称である事で花言葉が
「片思い」とのことです
(2)花弁の枚数は雄花は大、小二枚ずつですが、
         雌花は大、小二枚か、大二枚小三枚とのことです

タケは必死に数えて見ましたが、良くは、判りませんでした
a0223597_11420127.jpg
a0223597_11420583.jpg
a0223597_11421339.jpg
a0223597_11422318.jpg

[PR]
by takeomon | 2016-06-19 08:27 | Comments(6)