「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

水族館  (3)

 館内は明るい、暗い水槽があり、露出が難しかったです
また深海魚は当然暗くて、
またマグロの回遊は水が濁っており上手く写せませんでした。
a0223597_21263137.jpg
a0223597_21295089.jpg
a0223597_21301250.jpg
a0223597_21303413.jpg
a0223597_21305233.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-07-31 21:31 | Comments(2)

水族館 (2)

 ここは、子供連れの家族が多く見かけて家族(子供)との行楽を
楽しんでいるようでした。
水族館のほかに、野鳥園や沖には、人口なぎさがありますが、
日陰が無いのであきらめました。

a0223597_2016543.jpg
a0223597_20163828.jpg
a0223597_20165553.jpg
a0223597_20171843.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-07-29 20:17 | Comments(6)

水族館 (1)

 連日の暑さですが、ボヤイテばかりでは、、、、と
少しは涼しい処と思い水族館に行くことに、、、
千葉県に近い処ですが、
涼しいうちにと早めに到着するも、皆さん思いは同じで
小さな水槽は、順番待ちの状態でした

一枚目は人口霧を発生させています。

a0223597_2021074.jpg
a0223597_20213663.jpg
a0223597_20223345.jpg
a0223597_20225855.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-07-28 20:23 | Comments(4)

浜離宮庭園 (2)

 園内の歴史を見ますと鷹狩の場に始まり、江戸城の出城、
綱重の頃は別荘と、幕末には茶会の場と変遷してきました

キバナコスモスがお花畑に満開です
a0223597_15485772.jpg



大名の別荘地には、野生のカモなどの水鳥を遊猟する場があり、
過っては優雅なお遊びだったようです
カモ猟の方法と小覗(このぞき)があり、餌を落とす管があります
a0223597_1549325.jpg
a0223597_15495647.jpg


内堀に映る樹木です

a0223597_15503054.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-07-26 15:52 | Comments(6)

浜離宮庭園  (1)

 竹芝桟橋の隣り合わせにあります
将軍家の代々の庭園ですが、初期には江戸城の「出城」の
役目を持っていたようで、何回かの改修工事を行い、
明治には皇室の離宮となり、戦後は公園として
公開されています。

入口 大手門で、桝形門になっていて石垣が旧出城の雰囲気があります
a0223597_11371434.jpg


「お手植えの松」 六代 家  が庭園を改修した時に植えられた
と云われています
a0223597_11374210.jpg


「御茶屋」 将軍をはじめ御台様、公家たちが、
見飽きぬ庭園を堪能したそうです
今の建物は、昭和五十八年(1983)に復元されています

a0223597_11381563.jpg
a0223597_11383880.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-07-25 11:43 | Comments(4)

竹芝桟橋  (3)


     7月15日撮影
 竹芝桟橋への入口広場には帆船用のマストが大きく目を引きます
a0223597_18185759.jpg


定刻通りに、レインボーブリッジを潜ってこちらに近づいてきます
「おがさわら丸」です。
a0223597_18203477.jpg




接岸した時にはパノラマに修正してやっと納まりました。
6700トン、131mの長さで、小笠原父島から1000キロを
25時間半駆けて到着です 1997年造
大きくてパノラマに加工しました。

a0223597_18214418.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-07-24 07:30 | Comments(4)

竹芝桟橋 (2)

 ここは隅田川の河口で海との接点の処で河口から勝鬨橋を見ています
ご存知中央部が開閉する橋ですが、昭和45年を最後に交通量の増加や費用の
点で開いていません。水上バスは左の浜離宮え向かっています。
開閉時の写真はネットより拝借しました。
a0223597_21551656.jpg
a0223597_21554391.jpg


桟橋には、伊豆七島からの便が到着して行楽客が思い出や土産を
いっぱいにして下船してきます。
a0223597_21561396.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-07-22 21:56 | Comments(10)

竹芝桟橋  (1)

 猛暑をしのぐには、水辺が良かろうと竹芝桟橋
に行って見ました。
ここを起点に各地に(四、五か所)水上バスが発着しており、
次々と形の違う船が見られます

前方には、レインボーブリッジで港区海岸とお台場を結ぶ吊橋で
1993年開通で、首都高速11号線、新交通「ゆりかもめ」、
臨海道路(一般道)、歩行者用遊歩道と盛りだくさんの交通路です

a0223597_15423327.jpg
a0223597_15432921.jpg
a0223597_15434784.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-07-22 15:50 | Comments(2)

植物公園 (6) 深大寺

植物公園に隣接して、というより過っては寺の領域だったそうで、
歴史は天平5年(733年)に開創とあります、天台密教とのことです

郊外と云っても新宿から15分くらいです。
武蔵野、国分寺崖線(はけ)による湧水が豊かで自然が残っている地で
散策等で訪れる人でにぎわいます。
元三大師(がんざんだいし)の信仰も厚いようで、だるま市も有名です

山門は元禄8年(1695年)作とのことです
a0223597_16142891.jpg


本堂です
a0223597_1615492.jpg


寺一番のビュウポイントはここのようです
a0223597_16153112.jpg


軒下の水盤は花の形で珍しいです

a0223597_1616160.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-07-20 08:00 | Comments(4)

植物公園 (5) パパイヤ他

 公園の温室は規模や内容が充実しているように見えますが、

その中の熱帯性のパパイヤが樹上高く実を付けています
a0223597_17284598.jpg



カカオの樹ですが太い幹の下の方にも花が咲き(幹生花と云う)
実を付けます
この後、実った実はどうなるのでしょう
a0223597_172999.jpg


ベゴ二ヤのコーナーは多くの種類が見られますが、
その中からの三種です

a0223597_17351227.jpg
a0223597_17353778.jpg
a0223597_173643.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-07-19 08:00 | Comments(4)