「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

旧東海道 品川宿  (7)

 宿場だったところから、南に進み、鈴ヶ森刑場跡にきました。
過っては広かったのですが、その後の開発で道路などになり狭く
なっていますが、慶安四年(1651)から刑場としています
a0223597_2013096.jpg



八百屋お七や、丸橋忠弥、天一坊、白井権八等が処刑されているとの事です。
生々しくて、投稿を思案しましたが、史実ですので載せました
(当時の処刑は残酷だったようです)
a0223597_2015713.jpg


お仕置き場の隣には大経寺が、供養のために建てられたそうです。
a0223597_2022977.jpg



今回の旧東海道を歩いてみて、休業中の店舗がすくなかった
ことと街道にスーパーなどが見当たらなかったのですが、商店街の
結束が強いからかと一人感じた処でした。

[PR]
by takeomon | 2013-06-29 20:02 | Comments(6)

旧東海道品川宿 (6)

 京浜急行「立会川」駅前通りは、竜馬の町として売り出していました。
(タケは竜馬が幕末にここにいたことは、知りませんでした)
18歳で上京して、剣術に励みながら土佐藩の屋敷があり、海岸には
船があり、ペリー艦隊が沖合に見えて開国を迫る

浜川砲台の一員としてここから世界に目を向けて、その後の活躍の
第一歩を踏み出しています。
a0223597_21224541.jpg
a0223597_2123169.jpg
a0223597_2123382.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-06-28 21:25 | Comments(6)

旧東海道品川宿 (5)

 寺が多くありますので、如何しても、そこの紹介が多く
なりますが、お許しを、、、
 
品川寺
江戸から各地えの六街道を制定して六地蔵と云われ
東海道の出発地のここに道行く人の「道中安全」を願って
見守っています。
中山道は巣鴨の真性寺の地蔵があり、Imaipo さんが
紹介しています
a0223597_17312142.jpg


同じこの寺には梵鐘(国指定重要美術品)があります
慶應3年パリの万国博覧会に出品後、行方不明になりましたが
スイスのジュネーブから無事に返還された経歴を持つ鐘です
a0223597_17315489.jpg


青物横丁と云われる地域があり、青果物の集散地で、市場が有ったので
愛称が付いたようです。外灯のデザインが、面白いです
a0223597_17322745.jpg


遠くから見ますと寺のようでそうではないような鉄筋の建物が見え
正面に回りますと、やっと何であるかが解りました

a0223597_17334267.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-06-26 17:34 | Comments(8)

旧東海道品川宿 (4)

 品川宿は海岸線に沿って街道があり、陸側に見るものが多くあります
いまでは、海側は大きく埋め立てられています

徳川譜代の大名奥平家(豊後中津)の墓は大きな五輪塔が立ち並んで
います
a0223597_17565445.jpg
a0223597_1757167.jpg
a0223597_17574893.jpg


天龍寺の塀ですが、目黒川沿いで、この辺りが京浜工業地帯の
発祥の地との事で、その名残のようです
a0223597_17582237.jpg


海蔵寺は
行き倒れや身寄りのない遊女を葬った無縁塔が多い寺で
浅草界隈にも同様な由来のある寺があるようです

a0223597_180447.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-06-25 18:00 | Comments(2)

「富士山」世界文化遺産

 世界文化遺産に登録が決定しました
大変喜ばしい事で富士を好む一人として
胸躍る気持ちでいっぱいです
 子供の頃は、富士の先の港町で育ち、海岸に出ると
三保の松原の向こうにそびえる富士をたびたび
眺めて育ちました。
近年は関東地方にある富士塚に興味を持ち、20ヶ所くらいを
訪ね歩きました。

喜びと共に、これからはごみの問題、三保の松原の波消しブロックと共に
裾野にある演習場などの事を考えなくてはと感じています

何はともあれ、めでたい事の一言です

a0223597_20293663.jpg
a0223597_20295716.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-06-23 20:30 | Comments(6)

旧東海道 品川宿 (3)

 各地の商店街ではシャッタ―道りと云われているところが
多く聞かれますが、この通りは閉めている店が少なく
シャッター絵が見ものと期待するも、やっと一軒見つけました。

この行列は紋章から伊勢亀山の石川氏と推察しました
(違いましたらゴメンナサイ)
a0223597_20132484.jpg



善福寺本堂玄関上に力強い龍が描かれています
伊豆の長八作との事ですが、壊れかかっていて
適切な修理をすることを強く感じました
a0223597_201421.jpg



寺の塀ですが、長くて立派な塀でした

a0223597_20143065.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-06-20 20:15 | Comments(6)

旧東海道品川宿 (2)

 江戸期の品川宿界隈の様子は、多くの名所絵図で拝見
出来ますが、街道の裏はすぐ海だったようです。
海産物の中でも海苔は本場だったようです
a0223597_180887.jpg


11代、家斉の代に品川沖にクジラが迷い込んだようで
近所では大騒ぎで、港区の「浜離宮」まで運んで
将軍にお目にかけたといわれ、ここに埋葬されて
公園もできています
(クジラの品ちゃんなんて呼ばれたとかは聞いていませんが)
a0223597_1811571.jpg
a0223597_1815199.jpg

  

街道筋は建物は新築改造が、進んでいますが幕末の動乱期には
密議がされた楼や新撰組の定宿もあったようです
この銅板建物は、昭和初期の建築のようで以前は「ウナギや」
だったそうです

a0223597_1822236.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-06-19 18:03 | Comments(4)

旧東海道品川宿 (1)

 旧東海道は日本橋から最初の品川宿までは
近代道路に飲み込まれてしまいましたが、
品川区内では、そのままそっくりと残っています

宿場の北「八ッ山橋」京濱急行の踏切が旧道の始まりで
(なまこ壁の左です)右側は国道1号線です
カメラの地下にはJRの五路線が走っています 
今もここは交通の要所です
a0223597_17403784.jpg


観光案内所でマップを頂き、行きたい見たいポイントを
親切に教えていただきました
a0223597_17411359.jpg


昼下がりの旧道は静かに見えます。FC東京の旗がにぎやかです
a0223597_17414582.jpg


江戸期からは人口が増えて、海産物の生産が盛んになり、
舟遊びも今も盛んで船だまりです
ここには明治末からの二階だてとその後の大正、昭和、平成と
四代の建物が見られます

a0223597_17423083.jpg
a0223597_17432132.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-06-17 17:45 | Comments(6)

ウチョウラン(コチョウラン)

 鉢植えにしていますが今年も咲きました
(毎年同じで変わり映えしませんが)
園芸品種ですが、可愛らしい咲き方で
1㎝あまりの花ですが、一方向を向いて咲くようで
蝶のような形から胡蝶蘭と呼ばれるようです
ラン科ハクサンチドリ属
a0223597_950742.jpg
a0223597_9504048.jpg
a0223597_95165.jpg

雨上がりで水玉をいれて写しましたが、
上手くは入りません

a0223597_9513840.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-06-16 09:57 | Comments(8)

アジサイ (3)

 ここ数日は、台風崩れの低気圧の影響で関東は
小雨模様の天候が続き、湿っぽい日が続きます

訪ねた日はあじさいの撮影には最適とはいきませんでしたが、
境内を一回りしました。


寺の正面の仁王門(重要文化財)です
ほかにも重文がありますが、
紹介はこの門だけとします

a0223597_18164085.jpg
a0223597_1817658.jpg
a0223597_1817297.jpg
a0223597_18175230.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-06-14 18:20 | Comments(4)