<   2011年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

平林寺 埼玉県新座市

旧友と落ち合い、埼玉県新座市の「平林寺」の行きました。
この寺は四季折々の花が咲き、楽しませてくれますが、
紅葉の時期が、一番です。
山門をバックにして紅葉です。左右に「電力王」の松永耳庵(1875~
1971)寄贈の金剛力士像を配しています。
a0223597_211278.jpg


仏殿には本尊の釈迦如来が安置されています。
建物内は真っ暗でしたが、上手く写せました。
a0223597_2123884.jpg
a0223597_2132653.jpg


戴渓堂(たいけいどう)の脇の紅葉と椿です。
正徳三年(1713)建立とのことです。

a0223597_21566.jpg
a0223597_2155233.jpg

[PR]
by takeomon | 2011-11-30 21:06 | Comments(0)

2011年ダイヤモンド富士 (20) 

  武蔵野市 中央公園
普段は、郊外などで見通しの良い処を選んで撮影に
行きますが、今回は見通しはイマイチですが、
市中からで、このあたりまでは、遠くが望めます。
(公園は防災避難所になっているようです。)
太陽の傾き角度から、富士山頂の位置を予想して
待ちます。

日没時に初めて山頂の輪郭が、見え出し、内心ホッとします。
a0223597_2155768.jpg
a0223597_21553613.jpg


山頂に沈む寸前です。
a0223597_21561244.jpg


日没後は(16:26頃)漂っていた雲が、気温等の変化で
ほとんどの雲は消えています。

a0223597_21572571.jpg

[PR]
by takeomon | 2011-11-29 21:58 | Comments(0)

2011年ダイヤモンド富士 (19) 日野市平山滝合橋


京王線の平山城址駅辺りは、かっては郊外の
家族ハイキングで賑わった野猿峠や平山城址などの
多摩丘陵も今では開発されて住宅地に様変わりして
しまいました。
駅から10分の橋の上からです。
山頂の雲が、アクセントになればと見ていましたが、
ご覧のとおりで、日没後は何時ものように雲は消えて
シルエットが、綺麗に見えました。


a0223597_1825624.jpg
a0223597_18253698.jpg

a0223597_1826065.jpg
a0223597_182618100.jpg

[PR]
by takeomon | 2011-11-28 18:27 | Comments(0)

ダイヤモンド富士もどき


練馬区、区役所展望室

好天が続いていて嬉しいです。
今日の展望室はスペースが狭く、早めに到着すると三番目でした。
下に雲があり、少しずつ上がってきて、最後には山頂を
隠すまでに上がり、ギリギリのダイヤモドキに成りました。

a0223597_20452462.jpg
a0223597_20455554.jpg

[PR]
by takeomon | 2011-11-27 20:46 | Comments(0)

芝増上寺 (5)

今月6日から増上寺を紹介しましたが、余りの混雑で
見損なった所があり、再度訪ねました。
大門から三門(三解脱門)そして三門の上に大殿の屋根と
一直線に、これはいわれを持つ造りとなっています。
a0223597_1841307.jpg



三解脱門から大殿を望む、この門の二階は特別公開を
しており、ここの見学が第壱の願いです。
三解脱門は、三つの煩悩「むさぶり、いかり、おろかさ」を
解脱する門で釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されています。
しっかりと拝観しましたが、その後自分がドウ変わったかは解かりません。
撮影禁止です、チラシの写真を借用しました。
a0223597_18443772.jpg


a0223597_18453157.jpg


大殿前の階段を金髪の外国の女性がキモノ姿で上っていきます。

a0223597_18463455.jpg


14代家茂公の正室、皇女和宮ゆかりの茶室です。

a0223597_18471938.jpg


日比谷とおりに山門に続く築地塀。

a0223597_1848341.jpg

[PR]
by takeomon | 2011-11-26 18:49 | Comments(0)

哲学の庭 (続々)

a0223597_20125011.jpg
哲学堂公園にあるナンドール氏の彫刻は名前当て
クイズをしたのでは有りませんが、名前を
記さずに投稿しましたので、考えてくださったようです

11月19日は、ハムラビ
        ユスティニアヌス

11月20日は ガンジー
        釈迦 
        老子 
です。くどいようですが、ついでにもう二人を
 達磨大師
 キリストです。
a0223597_20133776.jpg

[PR]
by takeomon | 2011-11-23 20:14 | Comments(0)

哲学の庭 (続)

ナンドール氏の言葉ですが、
作品のメッセージの短い言葉が
深い意味を含んでいます。


a0223597_2205011.jpg

a0223597_2222313.jpg

a0223597_2231896.jpg

[PR]
by takeomon | 2011-11-22 22:04 | Comments(0)

2011年ダイヤモンド富士 (18) 

  府中市四谷 多摩川土手

前日からの雨は朝には上がり、昼からは雲も取れて
Dhujiには良好な気象となります
今日のポイントは府中市四谷の多摩川土手です
日没の時間が近づくと雲が現れて太陽は半分くらいが、
隠れてまた、富士は望めなくなる

a0223597_2193271.jpg



その直後に雲が動いて山頂にしっかりと太陽が載っている
のが、望める。

a0223597_21103031.jpg



最後の輝きです。
a0223597_21112070.jpg


目を左に向けると多摩川を渡る京王線電車で
川向こうのビルは「聖跡桜ヶ丘駅」付近のビルです。


a0223597_21122767.jpg

[PR]
by takeomon | 2011-11-20 21:13 | Comments(0)

哲学の庭

近くにある「哲学堂公園」内にハンガリー出身で日本に
帰化して益子町にアトリエを建て制作活動をした
彫刻家ワグナー・ナンドール氏の作品です。
「哲学の庭」と題する作品でブタペストにも
同様なものが、建立されているとの事です。


a0223597_1985081.jpg

a0223597_1992492.jpg

a0223597_1910365.jpg

[PR]
by takeomon | 2011-11-19 19:10 | Comments(0)

サクラが色づいて

朝晩は冷え込み、秋らしい気候の中、近くの
公園に久しぶりに、行きました。
春は、大勢の花見客を呑み込んだ池の周りも
サクラは、朝の光の中で色づいています。


a0223597_20542292.jpg
a0223597_20545318.jpg

[PR]
by takeomon | 2011-11-17 20:55 | Comments(0)