<< 館山市白津間の花摘み (外房へ) いちご狩り(外房州へ) >>

勝浦の朝市(外房州へ)

 天正時代より400年の歴史を持つと云われる勝浦の
朝市で、市民の台所として生活に溶けこんでいる市で
魚介類をはじめ、野菜や果物、漬物や餅、塩辛などの加工品
竹細工や木工品まで並んでいます(HPより)

タケたちは魚介類が目当てで氷を多くもらいクーラーに積み込みました。

石川県輪島、岐阜県高山と並ぶ「日本の三大朝市」とのことです
ここは、売り子さんとの素朴な会話があり、親しみやすさがあり
随分サービスしていただき、近くなら又訪ねたい処です。

a0223597_19335761.jpg
a0223597_19341727.jpg
a0223597_19343357.jpg
a0223597_19345495.jpg
a0223597_19352236.jpg
a0223597_193667.jpg

[PR]
by takeomon | 2013-03-17 19:37 | Comments(4)
Commented by 大連三世 at 2013-03-17 21:37 x
海無し県に住んでますと時折無性に海に行きたくなります。
もちろん海産物買い出しに大きなクーラーボックスも持参します。
最後の写真の土塀が歴史を物語っていますね。
Commented by Imaipo at 2013-03-18 08:25 x
お早うございます
朝市楽しそうですね、美味しい魚仕入れましたか
私は以前行ったときに買ったイワシが美味かったです
最後の土塀谷中?でも見ましたよ。
Commented by takeomon at 2013-03-18 13:24 x
大連三世さん、こんにちは、
タケは静岡の港町生まれですので、
潮の香りが懐かしかったです。
最後の塀は築地塀でお寺のものです
Commented by takeomon at 2013-03-18 13:30 x
Imaipoさん、こんにちは、
勝浦は港町ですから、新鮮な魚が、安かったです
築地塀は谷中の寺に立派な塀がありますね。
<< 館山市白津間の花摘み (外房へ) いちご狩り(外房州へ) >>